Menu

海上用コンテナはどこでどのように作られているのか

海上輸送に欠かすことができない存在はコンテナです。まず、海上輸送のビジネスをスタートするため、必要不可欠な商品がコンテナということになります。

コンテナは、DAXなどで購入することができます。12フィート、20フィートや40フィートの海上コンテナを中心にして、新品コンテナ、中古コンテナ、ドライやリーファーコンテナなどが提供されています。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

中古コンテナという選択肢

コンテナには、新品だけでなく、中古コンテナという選択肢もあります。JRコンテナでも積極的に中古コンテナが販売されています。

20ft海上中古コンテナは、荷物の保管、自治会の防災用具の収納、倉庫と言ったものにも有効的に利用されるアイテムです。

耐震・防犯に優れ、耐久性も抜群なので、安心して長く利用することができるでしょう。

コンテナという存在は、海上輸送のビジネスという視点だけでなく、日常生活の様々なシーンで見かけるようになって来ました。なんで、そのようなコンテナ需要が高くなって来たのかといえば、やっぱり、コンテナという存在が、耐震・防犯に優れ、耐久性に優れているからであり、中古でも充分通用し、安く購入することができるからです。

コンテナの製造過程

そのような耐震・防犯に優れ、また耐久性が優れているコンテナは、どのような過程で作られているのでしょうか。

信頼できるコンテナは、やっぱり日本で製造されたものがいいという思いも強いのではないでしょうか。

ただし、現在、95%以上が中国で製造され、 残りは韓国などで製造という状況です。

コンテナはベース(床周り)より製造します。そして、柱を立てて、フレーム組みし、天井、壁の波板を溶接固定をしていきます。

ドアやシャッターを取るける場合は、開口及び補強をしていきます。

まず最初に、開口を開けておけばいいんじゃないか?という疑問も出てきてしまうのかもしれませんが。壁を取付したあとに加工するという選択肢の方が、スピーディーに完成することができ、見た目もキレイに出来るということです。

最終的に塗装して、ドア、シャッターを取り付けして完成です。

いかがでしょうか。海上輸送のビジネスで大活躍のコンテナは、意外と簡単に作られているという感じもしないではありません。しかし、それは事実でしょう。世界で共通のニーズが高いからにこそ、コンテナは、スピーディーに大量生産されなければならないものとしての認識もかなり高いのではないでしょうか。

新着記事