Menu

海上コンテナの利用価値、どんな利便性があるのか。 取り扱いに気を付けたいこと

いま、コンテナという存在が非常に注目されています。海上輸送にコンテナは必要不可欠な存在です。私達は果たして、コンテナとどのような向き合い方をすればいいのでしょうか。ここでちょっとだけお話ししましょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナのラインアップ

標準コンテナは、倉庫や車庫ガレージなど遊休地に有効的に活用することができます。種類・サイズも多くの種類があり、(ドライ、冷凍冷蔵、背高型、小型、天井開口型、開放型……)お客様が求めているタイプのコンテナを選ぶことができます。

20ft ドライスチールコンテナは、 新品:420,000円~。中古:250,000円~という価格で購入することができます。

そして、改造コンテナがあります。 お客様の希望でオーダーメイドのコンテナを作ることができます。40ftコンテナ 側面フルシャッター取付など、価格は問い合わせしてください。

サイドオープンコンテナ、レンタルボックスコンテナ、ハードトップコンテナなど特殊コンテナのラインアップも豊富です。

20ft フルサイドオープンコンテナ、20ft ハイキューブドライスチールコンテナなど価格は問い合わせしてください。

海上コンテナ設置で注意しなければならないこと

海上コンテナを私も設置しようというとき果たしてどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

まず、敷地は充分確保していらっしゃるでしょうか……。購入したコンテナは、しっかり敷地に収まる必要があります。公道にはみ出てちょっとだけなら作業してもいいという考えはNGです。そのような安易なモチベーションによって周囲の人たちからクレームを招くことになります。

コンテナを敷地に入れるため充分にスペース空間があるかということも考える必要があります。普通車で、切り返し運転が出来るから大丈夫という判断ではなく、大きなコンテナを移動させて、スムーズに運転することができるかです。

コンテナは、バックも入れることができるでしょうか。内輪差を考えても、充分なスペース空間は確保されているでしょうか。

また、このような些細なことに対しても、配慮する必要があります。コンテナをつける時間帯が、道路に対しての規制時間に入ってしまっていることはないでしょうか。コンテナの到着時間も、そのために調整する必要があるでしょう。

また、大型車進入禁止になっていることはないでしょうか。そこへ到達するまでの道幅は、しっかり確保されているでしょうか。

新着記事